こどもごころプロジェクト 第1回活動記録

こどもごころプロジェクト|豊中子育て

こどもごころプロジェクト 第一回活動報告

こんにちは! こどもごころ研究所の堀です。
第1回こどもごころプロジェクトが始まりました!こどもごころプロジェクトとは、「自ら考え行動する」ことをコンセプトに、集団の中で自分らしくいられる環境を創ります。
2019年 5月 26日 (日)天候:晴れ   出席者数:総数 11人 (こども7人・スタッフ4人)

初めて会う子どもたち、緊張が隠せない子もいました。
この日を迎えるまで、それぞれ楽しみにしたり、不安があったりしたでしょうね。自己紹介の前に、みんなに聞いてみたい「質問」を子どもたちに考えてもらいました。「好きな漫画は、なんですか?」「好きなゲームはなんですか?」そんな和やかな雰囲気から、始まりました。
「握力は、どれくらいですか?」というゆう君の質問を、私が、引きましたよ♪
プロジェクトリーダーのあかぽん。こどもたちへの眼差しと、経験の豊富さは、逞しく、とても頼りになる方です。

パスタ10本とマショマロを使い、制限時間内に誰が一番高いタワーを作れるかを競いました。スタート時は個々で作り始めていましたが、不安定な骨組みに悪戦苦闘。
ぱくぱく、マショマロつまみ食いしながら挑みます。
「誰か助けて~」の声に自然と手を貸し、次第にペアが組まれ、案を出し合い協力しながら、完成を目指す様子が見られました。
足元を安定させる方法を考えだしましたよ。ナイスアイデア♥
こどもたちの創造力に驚かされます!

『パソコンを解体しよう♪』
個性に別れて思い思いに活動しています。
パソコン破壊班は、ケガをしないか、ハラハラしながら見守り。
こどもたちは、自ら声を掛け合う様子が伺え、
ほっと安心しました。
中から出てきた不思議なシートに、『異次元シート』と命名。おもしろい!!

こちらの分解班は、とても集中力が持続します。
解体したパーツの名前など、教えて頂きました!スゴイですね♪感心します。
解体した基盤に、豆電球をつけて光らせてみたい!と
これまた創造力が、果てしない。今後の活動が楽しみでたまりません。

『こども会議』で、今後の活動を話しあいました。
でてくる案に『無理』という言葉は禁止です。
こどもたちの価値観は、無限大
この活動を創っていくのも、こどもたち。
興味・関心をどのように形にするのか
来月は、お昼ごはんを自分たちで、作りたい!という希望から、『パンケーキ』を予定しています。
買い出しも、活動費から、こどもたちにお任せしています
この活動に、『失敗』はありません。

こちらは、活動終了後に、『できたこと、書くだけシート』
自分で、できることがたくさんある事に気づくためのシートです。
仲間と仲良くなりたい気持ちや、神になるという漠然とした意見まで!自己肯定感を育てます。今後、具体的になりたい自分や、やりたい事を意識する、材料にしていきます。
来月皆さんと、活動することを、心から楽しみに、お待ちしております。

プロジェクト実行委員から
こどもたちと共に心を動かす、ボランティアを募集しております。
活動に興味・関心がある、こどもが好き、何か地域活動をしてみたいなど、なんでも構いません。
お問合せください!

こどもごころ研究所 http://kodomokokoro.com
info@kodomokokoro.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP