私について

はじめまして!
『こどもごころ研究所』 所長の堀 理枝です。

こどもごころ研究所を作ろうと思ったのは、私が福岡県の博多にあります『一般社団法人 クラウドナインエデュケーション』に
出逢い、真剣にわたしの人生について、考えはじめたからです。
それまで、私は時間の流れに身をまかせ、『考える』ことをやめて生きていたと今では感じています。

どんな人生を送りたいのか?を考えました。
私の幼い頃は、とても厳しい環境で育ちました。父親がアルコール中毒だったから。
とにかく母親は一生懸命私たち、3人のこどもを育ててくれました。

そんな母親は実家の近くにある『少年自然の家』野外体験ができる施設です。
幼い頃から、この『少年自然の家』が私にとっての心地よい居場所であったことは、間違いないと思います。
私にとって野外活動は、日常を忘れほっとやすらぎ、人と関わりながらこころを動かし、こころの喜びとなっている活動なんです。

この野外活動を仕事にしよう!と感じ、こどもたちを集めて、その中でEQの大切さや、人と関わることで私のこころが満たされること
続けていきたいと感じています。
ここまでの路は、それはそれは、ぐずづずしながら、人に迷惑をかけて情けなく思うことや、叱られて何度もやめたいと感じることもあり、
たくさん『赦してもらった』経験があります。

野外活動は、1つのツールであり、こどもたちが『自分で考え、自ら行動する』環境を作りたい。
自分に余裕がないときは、相手の気持ちにも寄り添うことはできないけれど
こどもの気持ちに関わる人が近くにいてくれたら、どんなに安心した環境となるでしょう。
そんな社会を作りたいと私は感じています。

PAGE TOP