こどもごころプロジェクト

2019年5月より、『こどもごころプロジェクト』が始まりました

こどもごころプロジェクトとは?

プロジェクトの目的

自分を知り、表現することを否定されない環境を作り、自己肯定感を育てます。
集団の中で個性を活かし、関わりあう中で、お互いの価値観の違いを知り、どのような方法がよいのか考える機会とします。

プロジェクトの目指す未来

主体的な選択をする力とは、自分の人生を主体的に生きるということ。
自らを肯定し、自分で考え、自ら行動することです。

年間活動計画

活動のねらい

 ① 安心できる場所
 ② 興味・関心をかきたてる
 ③ 将来に繋がる、方向性に出会い、憧れを抱く

定例会 こども会議+遊び

子ども会議では、主体的に考え、主体的に行動する力を育む環境を創ります。
たくさんの意見を出し合い、話し合う中で、ジャンケンや、多数決で決定するのではなく、
第3案を用いて、新しい案を生み出す力を育みます。

サマーキャンプ

五感を使った本物の体験、自然の中の予期せぬ危険を回避する力を育みます。
プログラムもすべて、こどもたちが主体となり考えます。
プログラムによって、必要なもの、時間を管理していきます。

本物に出会う場

地域の専門家に協力を仰ぎ、本物の職業に触れる機会を創る。
こどもたちの興味・関心を引き出し、たくさんの大人に出逢うことで、将来の自分を想像し、憧れを抱く。

集大成プロジェクト

年を通じ、活動することで、安心する関係性を創り、自分たちで、プロジェクトを完成させる。

こどもごころプロジェクトとは?

関係性をつくり、興味関心が広がる中で、やりたい事に
『企画、準備から、こどもが主体的』チャレンジするプログラムです。

 

 

 

 

 

PAGE TOP